FC2ブログ
マターリとアップしていく予定です。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

難しい韓国語
先日知り合いから

韓国語は難しすぎてギブアップしたわー」とのコメントをいただきました。

この人、日本語、英語、ドイツ語を操るマルチリンガルです。
韓国語ってそんなにむずかしい?
そう考えていると、日本に出張中のアメリカ人J氏、

BOPINPOが食べたい」とハニ男さんへメールが。

ハニ男「BOPINPOって何?」
「はあ?」

「Jさんが典型的な韓国料理って言っているのだけど…」(Skypeチャット中)
「もしやPIBIMPAP? 野菜がご飯の上に乗っているどんぶり物?」

(Skypeでタイプして後…)「その料理だって」

… 

なんで

BOPINPO?

ただ、日本語に直しても疑問は多い。

ビビンバ」「ピビムパプ」→ 両方間違いです。
日本人的ローマ字発音で一番近いのは PIBIMBAP (ピビンバの「ン」が「M」に近い発音、かつ「バ」の後に小さい「P」がつく感じで口を閉じて完結)です。


その他、個人的に気になる韓国語@日本語表記に

トッポギ → 「トッポッキ」や、

キムチ→キンチ(日本語的発音で「KIMCHI」→「ム」ではなく「M」の発音であり、「KI“MU”CHI」ではありません。)
…が代表的でしょうか。

英語でも「GLASS」(ガラス・グラス)の発音が日本では「GULA“SU”」、「TABLE」が「TE-BULU」になるなど、数点はありますが、韓国語の感違いと比べると英語の勘違いは日本で少ない気がします。


そんなに韓国語って難しいですかね?



スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © Life in Shirokanedai (白金台から). all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。