FC2ブログ
マターリとアップしていく予定です。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

老後難民
先日CFA Japanウェルスマネジメント・フォーラムの勉強会に行ってきました。

いつもplatinumstreetは軽い話ばかりしていると思ってました?
実はド真面目人間です。
CFA チャーター・ホールダーだったりします(意味無いか)。

勉強会の内容は、老後(定年退職後)の生活を考えた資産管理という物でした。

え?かたい
…硬いですよ。ブログ・テーマも「真面目な話」ですからかお
ただ、たまには自分が置かれている現実を金銭面からも見つめるべきじゃないですか。

最初に出てきてびっくりしたのが老後の必要資金


なんと、世界最大手の投信会社試算によると…


老後の必要資金=1億6,600万円 だそうです。


試算内容は次の通り
退職直前年収700万円 x 68% x 35年間 = 1億6,600万円

ここで、68%は50代前半を「100」とした場合の定年後家計のレベルを表してます。
 
35年間と言うと60歳定年だと95歳まで生きる事になるので、非現実的かかな?と思いきや…

日本の平均寿命、女性は85.99歳なので、平均よりも10年くらい長生きしてしまうリスクは十分ありです。

私は長生きしないわよ って方、

例えば77.5歳で寿命が来た場合でも、上記計算式の35年が半分になるだけなので、8千万円くらいは必要となるわけです。

上記の数字、年金で賄われると思ってますか?
厚生労働省が示しているモデル計算によると、現在の年金支給額月額23万円です。

現在(H22)の65歳以上の人口比率は約23%です(総務省統計局の数字から計算)

でも、10年後にはこの比率が約3割になります 

年金の財源が底をつくのは明らかですよね

ここ数年、子供手当などが謳われていますが…

今年生まれた子供が大人になって年金を払えるようになるのは約20年後です。

出生率を上げるべく議論をしなくてはいけなかったのは15年以上前だったんじゃあないんですか
人口推移見ていれば解っていた事でしょう


どうせこの国の政治家は駄目だから… 
…て、言いたくなります。


講師の方がディスカッション中に触れられた一言が私には重みを感じました。
「僕たち(本人50代)はまだそれでも少しはもらえるけど、今の30代、40代はもらえないのを解っていて、なぜ誰も立ち上がらないんだろうって思いますね。」

…この一言は「その年代にいる」私にとって重かったです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © Life in Shirokanedai (白金台から). all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。