FC2ブログ
マターリとアップしていく予定です。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コラーゲン・牛すじカレー
先日のコラーゲンでもお話したとおり、platinumstreet はお肌のハリを気にし始めてます(って言うかここ数年気になってます)。

今日は牛筋が安く手に入ったこともあり、牛筋コラーゲンカレーを作ってみました。
curry7 ルウの下にコラーゲンを少々

約1.5日煮込んだこともあり、牛すじが「トロットロ」にとろけます♪

じっくり煮込む以外、特別凝った作り方をしたわけではありませんが、ステップを申しますと、
まず牛筋を一度茹でこぼし、
curry1
このステップは必ずしも必要ではないのですが、茹でる事で余分な脂肪分を落とせるので、カロリーに気になる方はお勧めです。
今回はセロリの葉と一緒に茹でました。

一口大に切った牛筋をセロリ(茎のみじん切り)、ガーリックと一緒に煮ます。
curry2

その間、たまねぎを薄くスライスして炒めます。
curry3
あめ色になるまでと言われますが、それって40分以上かかります。
私は↓の写真くらい、20分強炒めました。

量も1/3以下になり、狐色になったたまねぎに香辛料、カレーパウダー等を加えます。
curry4 何もない場合、省略しても大丈夫

更に炒めながらトマトを加えます。
curry5
今回は水煮缶でしたが、湯剥きした生トマトでも良いですね

全体的にいい感じになじんだら、炒めた食材を牛筋のなべ(この間1時間弱煮込まれてた)に移し、更に煮込みます。
やっと牛筋が柔らかくなり始めた感じです。

鍋の中身が沸騰してきたら、火を弱め更に3-5分ほど煮た後、真空系調理鍋に入れます。
我が家ではシャトルシェフを利用
curry8

Day1はこれでおしまい。 夕飯後に仕込むとこれでも結構な時間なので、もう寝ましょう 

さてDay2の朝、一晩煮込まれた牛筋はとぉーってもやわらかくなっております

鍋をもう一度沸騰させた後、火を止めて市販のカレールウを溶かし込みます。
curry6

ここで牛すじカレーのとろみからはちょっと邪道になるのですが、美容と健康、また体重も気になる年頃の platinumstreet、ここで「おからパウダー」を混ぜました(良質な植物性たんぱく質と食物繊維♪)。
 こんなやつです→ 【からからおから】と【おからパウダー美粉末】

もう一煮立ちした後、鍋をシャトルシェフに戻して外出♪
curry8

数時間後、倒れそうなくらいの空腹状態で帰宅しても、カレーは暖か
調理時間ほぼゼロで一番上の写真のような食事にありつけたのでした

コラーゲンパウダーと牛すじカレーのダブルで効いてます。明日のお肌が楽しみだわー♪

ちなみに今回調理にに使ったシャトルシェフ(真空調理器具)、煮込み系の料理を作る際はとぉーっても重宝します。 
 ガス・電気代がかからない
 長時間煮込んでも火を使わないから、外出・睡眠OK
 誤って焦がすこともない。

特に牛すじカレーみたいに、「スキルはいらないけど時間のかかる料理」にはぴったりです。

私はデパートで購入したのですが、ネットショップではかなり割安になってますね...
 【送料無料・代引手数料無料】 サーモス「THERMOS」シャトルシェフ KPX-2501

安いからもう一つ買おうかなぁ... ←一つで十分です。


にほんブログ村 家庭料理

スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

コラーゲンに反応してしまいました。
牛筋~~おいしいけど面倒でなかなか手が出ないのですが・・・カレー良いですね♪

☆☆ポチ☆☆
うさぎぴょん♪ | URL | 2009/09/10/Thu 23:27 [編集]
ウサギぴょんさん、ありがとうございます。
コメント&クリックありがとうございます。
牛すじ、面倒ですが、あの鍋(シャトルシェフ)があれば問題ないです(今回のカレーはたまねぎを炒める方が調理時間かかりました...)
platinumstreet | URL | 2009/09/11/Fri 00:02 [編集]
トラックバック
トラックバック URL

Copyright © Life in Shirokanedai (白金台から). all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。