FC2ブログ
マターリとアップしていく予定です。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パンプキンはハロウィーンだけじゃありません
今日もオーブン料理のplatinumstreetです。

今日はパンプキンマフィンを焼きました

pumpkinmuffin

日本ではかぼちゃのお菓子は「ハロウィーン限定」っぽいけど、アメリカで私の経験からするとハロウィーンはカボチャの形(Jack o' lantern)のチョコやキャンディーがメインでした。

一方、パンプキンパイなど、カボチャを使ったお菓子は今日の方が多く見かけられたものです。

え?今日は何の日?
サンクス・ギビング(Thanks Giving=感謝祭)です。

この日、アメリカではロースト・ターキー(七面鳥)をメインに、パンプキンパイをデザートに食べるのがポピュラーです。

私もこのパンプキンマフィンは、学校でThanks Givingの数日前に教えてもらいました。

缶詰のパンプキン、サラダオイルなど、デザートっぽくない材料でささっとできてしまうのに、とっても美味しいので、何度もリピートして作った記憶があります。

材料は(24 muffins)
* 2 1/2 cup flour
* 1Tbs Baking Powder
* 1tsp Salt
* 2tsp Cinnamon
* 3/4 tsp Nutmeg
* 4 eggs
1 1/2 cup Brown Suger
1/2 cup Veg. Oil
2 cup Chopped nuts
1 can Pumpkin
アメリカン・レシピなので 1cup=240ccで計算してください。 私は結構適当にアジャストさせてます。

-すべての wet ingredients をまぜ、粉類 (先に混ぜておく)を振りいれた後、ナッツとチョコチップを混ぜ込む。 
-後は170-180℃のオーブンで20分ほど焼くだけ。

-ナッツはくるみかスライス・アーモンドがよく合います → いずれの場合も(香ばしさを出すため)あらかじめオーブンで焼いておきましょう。

チョー簡単なのにとっても美味しいです。 またスパイスが秋ー冬の寒い気候によく合います。

日本だとハロウィーンしか知られていないので、案外今頃缶詰のパンプキンが「売れ残り処分」みたいに安売りされててうれしいです

こんなアメリカンなお菓子にはやはりアメリカン・コーヒーが似合います。ネスプレッソだとお洒落すぎちゃって。

ちなみに、アメリカではサンクスギビングを境に一気にクリスマスムードになります。

…でも日本ほどどこもかしこも(近所のデパートやスーパーでまで)クリスマス・ソングをひっきりなしに流し続けている事は無かったと記憶してます。

すでに耳がクリスマス漬けで疲れているplatinumstreetでした。


にほんブログ村 家庭料理
スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © Life in Shirokanedai (白金台から). all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。