FC2ブログ
マターリとアップしていく予定です。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イル・デ・パンで楽園と地獄を見る
platinumstreetとハニ男さんはヌーメアを後にし、イル・デ・パンへと旅立ちました。

ilsdepin 国内線で25分くらい

この島は現地の人々が「一番美しい海」と絶賛する場所です。

どんなに綺麗な海かって?
観光すべきビーチは数箇所あるのですが、

本日訪れたのは、イルデパンのハイライトの一つである、la piscine naturelle (ピッシンヌ・ナチュレル=「自然のプール」)です。

たどり着いて最初に目に入った光景
piscine1 白い砂です
ちなみにこの木(南洋杉)を松と間違えて、ils de pins(松の島)と名づけられたとか。

piscine2 青い海です

水深は1メール前後の場所がほとんどで、プール並みに浅いです。

驚きは魚の数です。

ハンパ無い数の魚が泳いでいるんですよ

ダイビングやスノーケリングをしなくても、

水の中にカメラを入れてテキトーに撮った写真でも、

想像を絶する数の魚が撮れます。

…え?信じられないって?

では証拠をお見せしましょう。

こんな写真や
fish_pn1 フォトショップ使ってません

こんなもの、
fish_pn2

またはこんなシーンが
fish_pn3

フツーに撮れちゃうんです(すごーい

中にはオトボケ顔の魚や
fish_pn4 お茶目な顔?

カメラに向かって泳いでくるツワモノも。
fish_pn5 正面からの顔って…キモい?

そんなこんなでにすっかり夢中になっておりました。

ちょっとスノーケル気分で潜ると、こんな感じだし、
fish_pn6

膝くらいの浅瀬で上から撮ると、こんな感じ
fish_pn7

砂に魚の影がクッキリ!
DSCF3281_s.jpg


現地の人々が自慢する島だけあります。

まさに地上の楽園です


しかーし

この夜、ハニ男さんと私は地獄を体験することに

泳ぎに夢中になりすぎて、体の裏面のみが真っ赤に日焼けしてしまったのです

腿の後側がヒリヒリヒリヒリヒリヒリ…
赤いと言っても、現実にはピンクに近い色なのです。自分で見ててもハムみたい…

寝返りをうてず、うつぶせになったまま一晩過ごしましたが、ヒリヒリは数日続きました。

イル・デ・パンへ行かれる皆さん、日焼けには十分注意しましょう

にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © Life in Shirokanedai (白金台から). all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。